お知らせ 今までもこれからも、笑顔と安心の医療をあなたに

感染症患者さん診察のためのトリアージルーム設置のお知らせ

お知らせ

12月1日より、感染症患者さんの診察のためにトリアージルームでの診療を開始いたしました。

このトリアージルームは夏頃から導入を考えていたものです。

新型コロナウイルスが全国的に流行している今、熱や咳などの症状が出たら誰しもが「もしかしたら自分もコロナに感染しているのではないか」と不安な気持ちになると思います。

しかし、当院をはじめクリニックには、糖尿病や高血圧などの慢性疾患の患者さんもたくさん来ます。高齢者や基礎疾患を持つ人が新型コロナウイルスに感染した場合は重症化しやすいと言われている中で、同じ診察室で患者さんを診察したり、待合室を利用して頂くことはできません。

そのため、全国の多くの医療機関で、慢性疾患のかかりつけの患者さんを優先し、発熱患者さんの診察を断るという事態がおきました。

医療者からすれば致し方のない対応と言えるかもしれませんが、患者さん側からしたら困ってしまう話です。慢性疾患の患者さんも感染症の患者さんもどちらも助けたくて、秋までは感染症が疑われる患者さんは車や職員玄関で診察するなどして対応させて頂いていましたが、冬までそれを続けるのは難しいと考えていました。なんとかいい方法はないかと思っていたところ、知人から海上コンテナをカフェや美容院に利用している話を聞いて、これを利用できないかと考えたのがきっかけです。

内装について

トリアージルームの中は、医療者と患者さんの間をアクリル板で仕切ってあります。部屋は医療者側が1つ、患者側が2つで、下の小窓を使って聴診や採血ができるようになっています。また、天井から24時間持続換気を行い、診察が終わったらすぐにスタッフが室内を消毒するように心がけています。エアコン完備しているため季節を問わず使用できる造りになっています。

トリアージルームでの診療時間について

可能な限り、患者さんの対応をさせていただきたいと考えていますが、一般外来の患者さんの診察もあるため、しばらくの間は午前・午後で時間を区切って対応させていただきます。

10:00~11:30 10:00~11:00
16:00~17:30
基本的に副院長がいる時間のみとなっております。 上記時間に受診が難しい場合は要相談となります。

事前連絡なしの受診をされてしまうと一般外来に支障が出てしまうため、必ず受診前に事前連絡を頂きたいと思います。

よろしくお願いします。

12月15日の信濃毎日新聞に取り上げていただきました

scroll top