当院の特徴 今までもこれからも、笑顔と安心の医療をあなたに

最新型の聴診器を使用

20代から60代の女性600人に「診察の時に聴診器をどうやってあてられたいか」というアンケートを行なったところ、過半数を超える女性が、「服の上から」と答えました。
医師の立場からすれば、正確に診察するには直接胸に当てる方がいいのは間違いありません。しかし、それがわかっていても女性は男性の前ではなるべく胸を出したくないものです。

当院では10年前から服の上からでも正確に聴診することができる最新式の電子聴診器を導入しています。女性だけではなく、服を脱ぐのを嫌がるお子さまを持つお母さんからも、診察がスムーズにできると評判をいただいています。

アレルギー科 | 診療と勉強会の開催

アレルギー診療を当院では、以前より小児、成人分野ともに広くアレルギー疾患に取り組み、研鑽を積んで参りました。

アレルギーは現代病の代表とも言える疾患分野、概念があり、今までアレルギーが無かった人でも突然何かしらのアレルギーを発症することがあります。大気汚染や化学物質が増える以上、患者数もこれからも増え続けると考えられています。

当院では患者さんに向けて定期的なアレルギー勉強会を開催して、一緒にアレルギーについての勉強をしていきたいと考えています。また、従来の薬物療法に加え、今後舌下免疫療法などの積極的治療を取り入れていく予定です。

プロポフォールによる麻酔を用いた、苦しくない、質の高い内視鏡検査を提供します

日本では胃癌・大腸癌に罹患する患者さんが非常に多く(大腸癌 1位、胃癌 2位:2018年)、消化器内科医の一番の悩みとするところです。
内視鏡検査にはどうしても、「苦しい」というイメージがあり、そのことが検査をなかなか受けていただけない理由だと考えております。
当院では、プロポフォールという麻酔薬を用いて内視鏡検査をおこなっております。当院で検査を受けていただいた患者さまからは、「いつ検査をしたのか分からなかった」「麻酔を使ったのに普通に仕事ができました」などのうれしいご意見をたくさんいただいております。

施設のご案内

診察室
待合室

予防接種用待合室

予防接種ルーム

処置室

酸素カプセル

一般トイレ

多目的トイレ

scroll top