2025年65歳以上の高齢者のうち認知症の人は約700万人(5人に1人)に増加すると予想されています。さらに、認知症予備軍と言われる軽度認知障害(MCI)の人は認知症の人と同数程度いるとも言われており、認知症対策は社会的に緊急の課題と言えます。現在、認知症は症状の進行を一定期間防ぐ薬はあるものの、根本的な治療薬は未だ開発中です。

大切なのは発症後の治療ではなく、発症前の予防です。認知症は、なる前に予防しましょう。

MCIを早期発見する検査とは?

アルツハイマー病は“アミロイドベータペプチド”という老廃物が脳に蓄積し、神経細胞を破壊することで発症します。「MCIスクリーニング検査」は、アルツハイマー病の前段階であるMCIのリスクをはかる血液検査です。

検査の流れ

検査は採血のみ(検査を実施している医療機関で採血)
検査結果は、採血をした医療機関の医師から受け取ります。(約2〜3週間後)

こんなことが気になる方におすすめです

  • 最近、もの忘れが増えてきた…
  • 肥満や糖尿病など生活習慣病の恐れがある…
  • 親や家族の様子が少し変わった気がする…

検査費用

検査項目費用
MCIスクリーニング検査25,000円(税別)
遺伝子検査20,000円(税別)
両方受ける場合40,000円(税別)
※予約制になります。

ご予約・お問合せ

0263-32-2309
  • 午前 9:00〜12:00 (受付 8:45〜11:45)
  • 午後 15:00〜18:00 (受付 14:45〜17:45)